WPワークス

ダウンロードコンテンツやワードプレスのカスタマイズ方法を配信中。

プラグイン「Magic Inliner」と相性が悪い場合について

有効化するだけで機能する「(自称)非常に便利なページ速度改善プラグイン」ですが、相性の悪い環境も存在します。

他のプラグインもそうだと思いますが、プラグイン「Magic Inliner」はワードプレスのアクションフックとフィルターフックを綱渡りしながら機能しています。

「Magic Inliner」で使用されるフックは4つあります。アクションフック「wp_head」「wp_footer」とフィルターフック「wp_loader_style」「wp_loader_script」です。

クラスのメンバー変数を使用して、それらのフックで上手くデータを取得し、コードを保存することが出来ています。つまり、一般的な順番である「HEADタグ」->「BODYタグ」の順に読まれることを想定していますので、「BODY」->「HEAD」の順に読まれるような構成の場合、フックされる順番がズレてしまうことなどが原因で、正常に保存が出来ない場合があります。

Modernizr Browser Feature 「input[type="number"] Localization」
Modernizr Browser Feature 「input[type=”number”] Localization」

実際に「Modernizr」のBrowser Feature「input[type=”number”] Localization」を含んだコードを読ませたページでは、JSコードが正しく保存されない状態に陥ったのを確認しました。

殆どの一般的なサイトの場合は大丈夫だと思うのですが、このように正常に機能しない事例を確認しましたので、有効化する前に一度サイトのHTML構成をご確認ください。

メニュ
ホーム
トップへ