WPワークス

ダウンロードコンテンツやワードプレスのカスタマイズ方法を配信中。

ブログ

HTMLエディタ上のボタンでビジュアルエディタ用のコマンド処理をする方法

HTMLエディタ上のボタンでビジュアルエディタ用のコマンド処理をする方法
まずはタイトルの日本語表現が下手くそで申し訳ないと書いておきます。 プラグイン「WP Theme ShapeShifter Extensions」の更新で追加された機能なんですが、今のところビジュアルエディタ用に追加している「SS」ボタンをHTML上で機能する方法を探しており、最近色々試していました。 まぁ本当はビジュアルエディタ用にボタン追加したコードを真似てHTMLエディタ用のコードを書いた方 […]続きを読む

IDが原因で一部のテーマカスタマイザーの設定値が保存されない?

IDが原因で一部のテーマカスタマイザーの設定値が保存されない?
分かる方がいらっしゃったらご教授頂きたいんですが、テーマ「ShapeShifter」上で、一部のテーマカスタマイザー設定で問題が起こっているんですよ。確認したのは「右上固定可能ウィジェットエリア」でウィンドウのトップと右からの距離を設定する「range」タイプの設定です。   スクリーンショットにあるように、「保存して公開」というボタンをクリックすると、「無効な値です。」とラベル下に表示 […]続きを読む

コンテンツ編集以外でもビジュアルエディタを使用する方法

コンテンツ編集以外でもビジュアルエディタを使用する方法
今回のプラグインのアップデートで追加した「SS」ボタンの吹き出し挿入でもそうなんですが、ビジュアルエディタのボタンなどによってポップアップしたウィンドウ上で、ビジュアルエディタを使用する方法を紹介してみようと思いました。 そもそも編集ページにビジュアルエディタを使用していながら、更にポップアップしたビジュアルエディタを使用する機会があるのか疑問に思うかもしれませんが、TinyMCEをカスタマイズし […]続きを読む

ワードプレスサイトの引越方法

ワードプレスサイトの引越方法
ドメイン名に合わせてサイト名は変更していますが、旧サイト「ワードプレスラボ」を丸ごと引越しましたので、 ついでにその方法も簡単に紹介してみようと思いました。 細かい部分は色々自分で設定し直す必要があるかもしれませんが、まぁ簡単に一括で引っ越しできる方法だけでも、実際に当サイトが行った方法を紹介していこうと思います。 サーバーはエックスサーバーを利用しています。   まずは下準備 必要な作 […]続きを読む

テーマカスタマイザーの設定をエディタースタイルに反映させる方法の紹介

テーマカスタマイザーの設定をエディタースタイルに反映させる方法の紹介
最近そういえばあまりカスタマイズ方法について書いていなかったので、テーマ「ShapeShifter」でも取り入れている エディタースタイルの生成方法について紹介していこうと思います。 ところでエディタスタイルってどのスタイルが使用されているかご存知でしょうか? 既に利用されている方はご存知でしょうが、実はビジュアルエディタ用のスタイルを作成して、それをワードプレスの関数「add_editor_st […]続きを読む

「ワードプレス」で行う最も簡単なSSL設定にはプラグイン「Really Simple SSL」がオススメ

「ワードプレス」で行う最も簡単なSSL設定にはプラグイン「Really Simple SSL」がオススメ
当サイトでSSL設定を行いましたので、簡単な設定手順を簡単に紹介します。 まぁワードプレスのプラグインを有効化するだけでほぼ完了してしまう手順ですので、紹介するって程のことでもありませんが、SSL設定の方法が分からず悩んでいるのであれば、是非オススメします。僕なんていちいち設定変更するのが面倒だからプラグインを導入したくらいです。 ええ、「Really Simple SSL」というマウス操作(クリ […]続きを読む

実は簡単なナビメニューの編集方法! 参照ページが少ないだけでそれほど難しくない。

実は簡単なナビメニューの編集方法! 参照ページが少ないだけでそれほど難しくない。
ナビメニューって大体ドロップダウン式で並んでいて、親アイテムをホバーしたりクリックしたりすると、子アイテムが表示されるようになっていますよね。 テーマ「ShapeShifter」でもそういった初歩的なドロップダウン式のメニューを使用しているんですが、凝ったデザインだとナビメニューに説明を加えられていたり、サムネイルも同時に出力したポップアップだったり、と結構通常の出力とは異なったものを出力していま […]続きを読む

エディター上でHTMLの属性値を全てエスケープする方法

エディター上でHTMLの属性値を全てエスケープする方法
プラグイン「WP Theme ShapeShifter Extensions」のTinyMCE機能で改善したことなんですが、ワードプレスのエディタ上では、ビジュアルエディタとHTMLエディタとの切り替え時に、HTMLの属性値が上手くエスケープされてない問題がありました。 まぁ今後改善されるのか、特に問題視していないのか知りませんが、例えばイメージファイルを追加する時、代替テキストに特殊文字が入って […]続きを読む

ビジュアルエディタとHTMLエディタの間の変換では、属性値のエンティティが解除される。

ビジュアルエディタとHTMLエディタの間の変換では、属性値のエンティティが解除される。
最近気付いたことなんですが、というかビジュアルエディタを最近まで使っていなかったので当然なんですが、ワードプレスのTinyMCEのビジュアルエディタとHTMLエディタの切り替えの際、ちょっとした変換処理がJavaScriptによって行われるのですが、HTMLエディタからビジュアルエディタに変換する際、HTMLエンティティがデコードされてしまうんですね。 出来れば、プラグイン「WP Theme Sh […]続きを読む

公開済みページの投稿メタ(カスタムフィールド)データが「プレビュー」によって削除される件について対処してみた。

公開済みページの投稿メタ(カスタムフィールド)データが「プレビュー」によって削除される件について対処してみた。
オプショナルアウトプットの処理変更で、プラグイン「WP Theme ShapeShifter Extensions」のバージョンが既に1.0.21にまで跳ね上がったんですが、送信するデータの数を調節するのにフィルターフックの存在を知りませんでしたので、結局JSONと連想配列で何とかしたのですが、ウィジェットエリアの解説ページに漸くウィジェットを出力できると思ったのですが、新たな問題に気付くことにな […]続きを読む

大量のFORM送信をコンパクトにする方法。

大量のFORM送信をコンパクトにする方法。
 プラグイン「WP Theme ShapeShifter Extensions」のポストメタによるオプショナルアウトプット機能が、5つ程度しかアイテムを保存できなかった問題があり、「ブログ・更新情報」でもデータを1つにまとめれば何とかなるかもと思って書いたのですが、実際に試してみました。 問題のあったオプショナルアウトプット機能での例を用いて紹介していきますので、更新したプラグイン「W […]続きを読む

TinyMCEボタンの追加やエディターのアレンジ方法を紹介

TinyMCEボタンの追加やエディターのアレンジ方法を紹介
プラグイン「WP Theme ShapeShifter Extensions」のアップデートでついにTinyMCEボタンを追加したのですが、自分でも出来るようにTinyMCEのビジュアルエディター用の編集ボタンの追加方法などについて少し紹介してみようと思います。 今回のプラグインのアップデートで追加した機能についても、結構簡単に作成できると思いますので、自分で便利なボタンを増やしたいという方はぜひ […]続きを読む

プラグイン「Page Builder by SiteOrigin」が凄過ぎて、エディターを作るモチベーションが下がった。

プラグイン「Page Builder by SiteOrigin」が凄過ぎて、エディターを作るモチベーションが下がった。
最近漸くエディターにも力を入れようと思ったんですが、既に多くの人に使用されているプラグイン「Page Builder by SiteOrig」の機能が凄すぎて一気に作る意欲が失せました。ええ、今まで使ったことがなかったんですよ。 もうこれ以上に便利な無料のエディターは、少なくとも僕には超えられないと思い知らされました。 つい最近有料テーマ「AVADA」が凄いなぁなんて思っていたんですが、有料のあの […]続きを読む

「外観」->「ウィジェット」以外のページで、ウィジェットを設定する方法

「外観」->「ウィジェット」以外のページで、ウィジェットを設定する方法
まだ管理者によるレビューが始まってもいないので、リポジトリの利用がまだなんですが、テーマ「ShapeShifter」で使用していた投稿メタによるウィジェットエリアへの出力に、登録されているウィジェットを新たに設定して出力する機能を付けました。 ええ、まだ配布していないバージョンの話です。 標準的に備わっているウィジェットの設定画面でなくても、ウィジェットの出力は可能ですので、ページ毎にウィジェット […]続きを読む

SEO対策済みのワードプレステーマが駄目な理由

SEO対策済みのワードプレステーマが駄目な理由
「SEO対策済みのテーマを使用していたが、デザインを変更しようとしてテーマを変更するとアクセスが落ちた」なんてことはありませんか?  実は自作のワードプレステーマをワードプレスのリポジトリから利用しようとレビューを終えたのですが、あと最後に管理者によるレビューが残っている状態まできたノラというものですが、ワードプレスのリポジトリにテーマをアップロードして、レビューを経てから分かったことが幾つかあり […]続きを読む

便利なワードプレスのCron自動処理機能「WP-Cron」の使い方

便利なワードプレスのCron自動処理機能「WP-Cron」の使い方
予約投稿機能などワードプレスのスケジュール機能を使ったことがあると思いますが、プラグインでもスケジュール機能を持たせることが可能です。 例えば、プラグイン「WP Evernote Synchronizer」で使用している定期的な自動処理を行ったり、予約投稿のように特定の日時にピンポイントで特定の処理をさせるなど、自分がワードプレスに直接アクセスして操作することなく処理することが出来ますので、処理を […]続きを読む

プラグインのインストール・有効化を促す「TGM Plugin Activations」が便利! 相性の良いプラグイン・推奨プラグインは登録しておこう!

プラグインのインストール・有効化を促す「TGM Plugin Activations」が便利! 相性の良いプラグイン・推奨プラグインは登録しておこう!
これは現在レビュー中のテーマ「ShapeShifter」でも言われたことなのですが、プラグイン領域の機能をどうするかとなった時、機能をプラグイン化し、それを推奨する形となりましたが、その方法として推奨されたのが「TGM Plugin Activation」でした。 テーマだけでなくプラグインでも使えるはずですので、推奨・必要なプラグインのインストール・有効化を促してみませんか? 使い方も簡単なんで […]続きを読む

テーマ「ShapeShifter」☓ プラグイン「Magic Template Holder」の組み合わせ術1

テーマ「ShapeShifter」☓  プラグイン「Magic Template Holder」の組み合わせ術1
両方僕が作成したテーマとプラグインですが、自分で使ってもいるので、実践しながら覚えた便利な使用方法について紹介します。 既に利用されている方もいらっしゃるかもしれませんが、このプラグインは保存したテキストを簡単にエディターに貼り付けたりすることが出来るコンテンツ編集用のプラグインで、広告なども簡単にストックできますから人によって使い方は様々です。 ただ、テーマ「ShapeShifter」と一緒に使 […]続きを読む

テーマ「ShapeShifter」を使ったページのレイアウトをメタボックスで編集する方法

テーマ「ShapeShifter」を使ったページのレイアウトをメタボックスで編集する方法
バージョン1.0.17の更新を経て、ウィジェットエリアに配置したウィジェットアイテムを、メタボックスで設定することで自由にウィジェットエリア位置に出力することが出来るようになりました。 「何故そんな訳の分からない機能を追加した?」と思うかもしれませんが、テーマ「ShapeShifter」にはコンテンツの編集ページのメタボックスで「ウィジェットエリア非アクティブ化設定」を設けていますので、これらを組 […]続きを読む

全てのウィジェットにプロパティを追加するフック

全てのウィジェットにプロパティを追加するフック
最近プラグイン「Bogo」に学んで、テーマ「ShapeShifter」でもウィジェットの出力条件を指定するプロパティを全てのウィジェットに設置したのですが、その方法について紹介します。 プロパティがある程度汎用的なことに限られるとは思いますが、非常に便利なフックで、ウィジェットの背景などにも使用できます。ただ、全てのウィジェットに追加する項目ですので、汎用性の高いプロパティを選ぶべきでしょう。 個 […]続きを読む
 次のページ
メニュ
ホーム
トップへ